アベンジャーズから見るやる気の出し方

この記事は2分で読めます

こんにちは!
管理人です。

前回アベンジャーズの映画を見て思ったのですが、
人のやる気について書いていきます。

世の中で言われている、「やる気が出る方法!」とか
「モチベーションを上げる方法!」という情報はたくさんありますよね。

自己啓発本にもそれらしいタイトルの本はいくつもあります。

ですがみんな本質を突いていません。

例えば目標を決める!というのはとても有効です。

ですがこの目標の決め方にもコツがあります。

ここがズレるとやる気が全然違ったものになります。

今回はそれを伝えていきます。

・・・さて話は戻り、アベンジャーズではいろいろな特殊能力をもった超人達が地球にいる人々や街を壊そうと
する悪者をやっつけるという話です。
(知らない方はごめんなさい笑)

簡単に言うと、正義が悪を退治するアンパンマン的なストーリーです。

じゃあもう分かりやすいようにアンパンマンで例えますね!(笑)

アンパンマンってなんでバイキンマンをやっつけるのでしょうか。

アンパンマンが他の人達(ほとんど人ではないですがw)と楽しく話しているときも
どこかにお出かけしているときでも、バイキンマンが悪さをすればすかさずバイキンマンを
やっつけに行き、人々や街の安全を守ろうとしますよね。

このときアンパンマンはどういう気持ちでみんなを守っているんですかね。

「うわ、バイキンマン来た。でも今みんなと遊んでるけどどうしようかなー。
でもバイキンマンやっつければみんなから褒められるし女の子からモテるかもしれないなー。」

絶対にこんなことは思っては無いでしょう笑

ここからは今日のキーポイントになります!

アンパンマンを動かしている原動力は、抽象度の高い使命みたいなものです。

さらっといいましたがめちゃくちゃ重要です。

もう一度いいますね、抽象度の高い使命です。

つまりアンパンマンは、「俺はバイキンマンを倒すことが人生のお役目であり使命だ。」
という志を持っているということです。

アンパンマンはビジネスを始めてお金をたくさん使って私利私欲を満たすことより、
自分の役割を果たす方がエネルギーが湧くんですね。

あ、お金を使って贅沢することがいけないとかそういうのではないですよ。

僕が言いたいのは、ざっくりいうと自分のために頑張るのではなく、
他人のために頑張る方がエネルギーが湧くんです。

誰かのために動く方がやる気が出るんです。

確かに、テクニックというか日常生活の中でやる気を出す方法はたくさんあります。

・運動をして血流の流れをよくする
・なるべく朝に作業・勉強をする
・目標を決める

などなど。

脳科学的にも、何かをやり始めると脳の側坐核という場所が活性化して、どんどん後からやる気が出てくるという結果も出ています。

知っておいて損はないし有効活用できると思います。

が!

一番重要なのは、世の中のため、人のためにまず大きい目標を決めること。

細かいテクニックよりもまずはここを重要視しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 03.10

    ITを見た感想

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。