芸人、ナダルのイジリをみて感じたこと

この記事は2分で読めます

こんにちは。

久しぶりの更新となりました。
今回は、僕がアメトークで観たある芸人をみて
感じたことを書いていきます。

 

その芸人とは・・そう、コロコロチキチキペッパーズのナダルです。
白いタートルネックに薄いブルーのデニム姿で、口癖が
「やっべえぞ!」の人です。

 

僕が見たアメトークでは、ナダルアンビリーバボーという回で、
ナダルには嘘の回を言ってナダルを集めてナダルのエピソードを暴露
させながら、みんなでナダルをいじるという企画ですw
(ナダルかわいそうw)

 

率直な感想ですが、一人の視聴者としてはおもしろかったです。
ナダルがしゃべればしゃべるほど人間模様があらわになって、
リアクションや、焦っている雰囲気、漏らす一言一言が笑えるものでした。

 

一番伝えたいのはここからなんですが、
今回、ナダルの相方の西野が、ナダルを騙して収録に望みました。

(西野はナダルに、バイク芸人だと嘘をついていました)

案の定、ナダルが準備を終えてスタジオに到着すると、
「また西野だましたやん!!」

怒りと呆れが混ざったような声の出し方をしていました。

エンターテイメントを楽しむ側としてはおもしろかったです。
しかし、今後共に仕事をしていくコンビの視点、コロコロチキチキペッパーズ側の
視点でみたらどうでしょうか。

ナダルは確かこれで3度も西野に騙されています。
(やらせではないということにしておきます。)

ナダルからしたら西野の信頼残高は一気に減っているでしょう。
一応解説しておくと、信頼残高というのは信頼の貯金みたいなものです。

今回のナダルを騙すして収録するというのは、西野からしたらおもしろくて
これをきっかけにコンビが売れると予想したんでしょうね。

たしかにおもしろいです。

でも長い目でみたらどうでしょうか。

ナダルからしたら自分の隠したい過去を言われて良い気持ちではないはずです。
いくらお笑いのためとはいえ。

誰だって隠したい体験や言いたくないことはあるもの。
芸人はそれをお笑いのネタとして提供していくのは仕方ないですが、
もう3回目ですよ3回目。

僕は別にナダルが好きだからとか西野が嫌いだからという理由で言及している
わけではありませんが、ちょっとナダルが可哀想なんじゃないですかねー。

 

ナダルからしたら、西野はもう信用できん・・ってなると思います。
芸人がコンビとして活躍していくにあたって、信用できない関係というのは
最悪だと思います。

僕はお笑いのことはなにも分かりませんが人間関係が悪い仕事って結果出しにくそう
じゃないですか。

だから僕はもし西野だったら、ナダルの悪いところを暴露するという企画は断っています。
目先の利益にとらわれていてはダメです。

 

何事も長い目で見る必要があるんじゃないですかね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 03.06

    女同士の戦い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。