高級靴をはいてみえる世界

この記事は2分で読めます

こんにちは。
今日は僕が高級靴をはいてみえる世界について
話していきます。

 

何事も長い目で考えた方がいいと感じるかと思います。
たかが革靴でと思うかもしれませんが非常に重要です。

 

 

僕は現在毎日革靴をはく仕事をしています。

 

当然毎日革靴をはくので1足2足だけでなく、4足5足持っていて、
ローテーションをしながらはきまわしています。

 

社会人の方なら誰もが1度はきいたことがあるかもしれません。
靴は1回はいたらその靴は2日ははかずに休ませたほうがいいと。

 

 

これは本当にその通りだと思います。
休ませてあげないと、1日中はいた靴の湿気が外に逃げません。

 

すると痛みやすくなったり臭いの原因になったりと非常にやっかいです。

 

 

さてそんなことはさておき、僕が革靴を2、3足しかもっていなかったときの
話です。
(普通の社会人の方だったら3足もってればとりあえずは良しだとは
思います笑)

 

 

なにかかっこいい革靴はないかなと、栄のユナイテッドアローズに
立ち寄りました。

 

そこで、
「お!かっこいいウイングチップ!」

 

見つけました。
ジャランスリワヤです。

 

ジャランスリワヤとは、革靴ブランドの中でかなり
コスパに優れる人気のブランドです。

 

確か値段が3万8千円とかでした。

 

高級靴ばかり持っている人からしたら、
高級靴じゃないじゃん!!

 

 

と思うかもしれません。

 

ですが僕にとってはかなりの大金です。
そして世の中の多くのビジネスマンが、
たかが革靴で4万近くも・・と感じることでしょう。

 

 

仕事用の革靴で4万も出す人って少ないと思います。

 

 

デザインもかっこよく、サイズも良し。

安い革靴ってやっぱりなんとなくかっこよくないんですよね。
こうなんか雰囲気が違うというか。

 

僕は革靴の革質とかつくりがとかそこまでこだわっていません。
なんとなくぱっとみたときの良さがあるものは大体高いものが
多いです。

 

 

でも僕も今まで安い革靴の中でなるべくデザインがいいものを
選んでいました。

 

どうせ仕事用だし、と。

 

ですが思い切ってワンランク上の革靴を買ってみました。

 

 

・・・気分が良い。

 

気分が良いんですやっぱり。

どこか清々しいというか、
背筋を伸ばして歩ける。

 

玄関でこの靴をはいたときに、
よし、今日も頑張るか!!
ってなります。

 

これは・・そうですねー新しく車を買ったときとかに
感覚似ていると思います。

 

思い切ってお金だしたから大事にしなきゃとか。

 

人間、高い買い物をすればするほどその対象に
意識を向けるようになります。

 

 

僕であれば、革靴を買ってはいているときから、
「どのスーツに合わせようか」
「手入れ用のクリームがどれがいいかな」
などなどいつも以上に靴に気が向いていました。

 

 

靴に興味のない人からみたら、
4万もする革靴を買うなんて意味が分からないと
思います。

 

でもそれでメンテナンスをしたり長くはいて
あげれば長く持つようになり、
トータルでみたら安上がりになります。

 

 

なにより高級靴をはくと
どこかしら自信がでる。

 

俺にはこいつがいる、と。

 

ちょっと大げさかもしれませんねw

 

 

この靴をはくと新鮮、前向き、いい気分になれます。

 

 

あなたにはそういうものがありますか?

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 03.18

    優先順位

  2. 2018 03.10

    ITを見た感想

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。