相手は自分の鏡

この記事は1分で読めます

こんにちは。

 

10分で書いていきますよー

今日はとにかく早く文字数を多く書くこと。

 

ではいきます。

 

いきなりですが、誰かと話すとき色んな人いますよね。

 

無表情な人。
感情がこもってない人。
笑顔でにこにこの人。
適度に愛想が良い人。
感じが悪い人。

 

僕も接客業なのでいろんなお客さんと対応します。

 

昨日の話なんですが、ある人がスーツを買いにきました。

 

店が忙しくてその人を対応するまで待たせちゃったんですよね。

 

でもその人はめちゃくちゃいい笑顔で、
「あ、全然大丈夫ですよー」
って言ってくれました。

 

他にシューズやシャツも買ってくれたんですが、
すごく感じのいい人で腰が低くとにかく愛想が良い。

 

よくいるじゃないですか、ちょっと話しただけで
あ、絶対この人いい人だ、ってわかる人。

 

まさにそんな人でした。

 

すると僕もなぜか気分が良くなって、
この人はいつも以上に丁寧にしっかりと接客しようと
感じました。

 

いいエコーを出すといいエコーが返ってきます。

 

友達から誕生日プレゼントをもらったら何か返さなきゃ!
って感じるのと一緒で、
いいエコーをもらうと、いいエコーをしたくなるのが人間心理。

 

僕はこの人から愛想の良さというエコーをもらって、
無意識のうちに僕も良い接客というエコーを出していました。

 

なかなか店が忙しくてバタバタしたんですが
僕まで気持ちの良い接客をすることができました。

 

その人からエネルギーも貰ったことになりました。

 

その人の接客後も疲れることなく店を回すことができました。

 

これもエネルギーの循環です。
愛想の良さというエコーをもらった僕はそのエネルギーを
貰いました。

そのエネルギーが店を回すというエネルギーに変換されました。

 

相手は自分を写す鏡って言われたりしますが
肌感覚でつかむことができた日でした。

 

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 03.02

    すみません

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。