エネルギーが下がるとき

この記事は1分で読めます

こんにちは。

今日も10分で書いていきます。

 

昨日は仕事が休みでした。

 

ですが休みの方がエネルギーが低かったりします。

 

お昼ご飯に、うどんを食べました。

 

いつも通りおいしい。
おいしかったんですけど満ちる美味しさでは無かったです。

 

おいしいには2種類あります。

 

1、味がおいしい
2、その後疲れないおいしい

 

それぞれ説明していきます。

 

まず1番についてですが、昨日僕が食べたうどんが
そのパターンです。

 

一般的に、おいしい、といわれるようなものは
こっちに分類されます。

純粋に味がおいしかったり、スパイスが効いていたり
というようなおいしさです。

 

さて2番についてです。

 

これを見たとき、は?どういうこと?と思ったかもしれません。

 

僕もこれを初めて知ったときは、
あー言われてみれば確かにこっちのおいしいもあるわ
と気づきました。

 

潜在意識では僕たちは気付いていますが、顕在意識では
気付いてないというのがこっちのおいしさです。

 

具体的にどういうおいしさか?

 

わかりやすく言うと、おふくろの味です。

 

ご飯に味噌汁に、焼き魚みたいな感じの、
食べるとホッとするような感じの味です。

 

どこか安心するというか心が温まるというか・・

 

 

なんとなく伝わりますかね?

 

こういう料理って食べたあと体が疲れにくいんですよね。

 

 

反対に、カップラーメンとか辛い料理とか刺激的な物って、
体に悪い添加物を多く含んでいるものが多いです。

 

 

夜ごはんはご飯に味噌汁という組み合わせを食べましたが、
昼のうどんと違って少しエネルギーが上がりました。

 

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 03.02

    すみません

  2. 2018 03.18

    優先順位

  3. 2018 03.01

    あれが欲しい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。