ITを見た感想

この記事は1分で読めます

こんにちは。

 

今回はIT(それ)の感想を書いていきます。

 

IT(それ)とは洋画のホラー映画です。

 

確か90年代に1度映画がやっていて、僕が今回最新作で
レンタルしたのはリメイク版でした。

 

ネタバレになるかもしれないので見ていない方はご注意くださいませ。

 

ざっくりあらすじはこんな感じです。

 

子供たちだけを狙って連れ去るピエロと、真相をあばくために
ピエロに自ら勇気をもって立ち向かっていく子供たちの話です。

 

ですがところどころ気になるところがありました。

 

まず最大の敵であるピエロの動機(目的)です。
これについて一切描写がありませんでした。

 

特に理由もなく子供たちを誘拐したり突然現れて
驚かせてすぐ消えたり。

 

え、なんで、って感じでした。

動機が読み手に伝わっていないと共感されず
臨場感が湧きません。

 

 

デスノートの夜神月がなぜリスクを負ってまで
ノートに人の名前を書いていったのかというと、
犯罪者のいない世界の神になるという動機が
あったからです。

 

動機を知ることでより夜神月に臨場感がわきます。

 

行動するにあたっての動機がないと、え?なんで?と
なってしまいます。

 

バイキンマンと一緒ですね。
特に理由もなく、アンパンマンたちを困らせています。

 

今回は以上です。

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。