ジャケットにスニーカーという組み合わせはありなのか

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

今回も10分でなるべく多くの文字数を書いていこうと思います。

 

さて、今回のお題はこちら。
ジャケットにスニーカーという組み合わせはありなのか、
という点について話していきます。

 

なぜこのテーマかというと・・・

 

ジャケットにスニーカーというファッションをしている人を見て、
おや?と思ったからです。

 

ちなみに全然かっこいいきこなしではありませんでした・・・。

 

結論からいうと、ジャケットにスニーカーは無しという方向に近いですかね。

 

でもジャケットとシューズのデザインによります。

 

これはどういうことか。
例えばひとくちにジャケットといってもいろんな素材の
ジャケットが存在します。

 

光沢感があり、肩パッドが入っているスーツとしてのジャケット、
肩パッドが入っていないコットン地などのカジュアルなジャケットなど。

 

スニーカーも同じようにいろんなスニーカーがありますよね。

 

 

高校生がはくような、ごついエアジョーダンみたいなハイカットのスニーカー、
コンバースのローカットのスニーカー、
ニューバランス、
バンズのスリッポンなどななど。

 

個人的には、基本的には洋服って、ドレスとカジュアルを数字の5に近づけると
かっこよくなると思います。

 

数字の5ってわけわかんないですよね。笑

 

ドレス度を1~10で考えます

スーツのジャケットをドレス(フォーマル)なアイテムなので
これを数字の10だとします。

 

そしてスニーカーなどカジュアルなアイテムはドレス度(フォーマル度)は
低いですよね。

 

なので数字の1だとします。

 

 

これを踏まえた上でですが、
例えば綿素材のカジュアルなジャケットは数字に置き換えると何になるか?

 

ざっくりですが感覚的に7とかになります。

 

次にスニーカーの場合。

 

シンプルなローカットの、バンズのスリッポンみたいなデザインの場合、
他のスニーカーよりカジュアル感は薄まります。

 

つまり少しだけドレスな印象に近づくわけです。

 

なので本来スニーカーはカジュアルなアイテムですが、
少しドレスなスニーカーになるろと数字の1から、
3とか4になります。

 

 

さて一番僕が伝えたいのはここから。

 

ジャケットとスニーカーの、ドレスとカジュアルの差をなるべく
小さくさせるということです。

 

さっきも伝えましたが、お互いのアイテムを中間ぐらい。
数字でいう5に近づける感じです。

 

 

肩パッドが入っている、スーツの上着みたいなジャケットに、
エアジョーダンみたいなごついスニーカーを合わせると、
ちぐはぐな感じしますよね。

 

先ほどの数字の5に近づける理論でいうと、
ドレス度10のジャケットに、ドレス度1のスニーカーを
合わせるということです。

 

正確にはわからないと思いますが、
なんとなく雰囲気だけ掴んでもらったら嬉しいです(笑)

 

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。