早起きを無理なく習慣化させる方法とは

この記事は1分で読めます

こんにちは。

 

なんと嬉しいことがあります。

 

それは、仕事で仕方なく朝8時に起きていた僕でしたが、
なんと今日休みの日に、8時でも眠たくなくすっと起きることが
できました!!

 

というのも、その状態が4日間ほど続いていたのが成功の鍵だと
思われます。

 

普段僕は、休みの日は早起きしよう!!

 

と思っていてもなかなか起きることができず、
10時とか11時とかまで寝てしまうんです。

 

 

気合でいざ朝7時とかに起きたとしても、
とにかく日中めちゃくちゃ眠くなり、頭がぼーーーっとします。

 

これは経験あると思いますが、朝早く起きたときであまり
眠くないときありますよね。

 

「え、全然眠くねーじゃん!余裕余裕!」

そう思っていても、起きて顔洗って1時間ぐらいすると
僕の場合違和感に気づきます。

 

その違和感とは・・・・

 

 

「あれ、頭がぼーっとする。」笑

 

よく自己啓発の本で、早起きして1日の生産性を高めましょうと
行っているものってありますよね。

 

これはある前提のもとで有効になります。

 

それはなにかというと、頭がさえている状態でという点です。

 

いつも朝8時に起きる人が、
よし明日から早起きだ!!といって6時に起きたとしても、
たいてい頭が回らなくて眠気と戦う1日になります。

 

早起きできたとしてもそんなんじゃ意味がないですよね。

 

それだったらいつもどおり朝8時におきて頭がすっきりした状態で
1日過ごした方がいいに決まっています。

 

 

じゃあどうすればいいのかっていうと、習慣化するしかないです。
早起きの習慣です。

 

朝8時に起きている人は、7時半、7時、6時半、6時というように
少しずつ早めるのがおすすめです。

 

そうすると、体がびっくりせずに起きる時間に合わせてくれます。

 

僕も短い期間ですが習慣化することによって睡魔が消え去ってくれたと
感じます笑

 

このブログもそうです。

 

最初から長文書くって決めたら絶対挫折すると思ったので、
とにかく1文でも良いから書くって決めてました。

 

1分かけたらいいとか。

 

そうやって習慣化は少しづつやっていくのが鉄則です。

 

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。