人生で一番重要な時間は寝る前

この記事は1分で読めます

こんにちは。

 

なんかめちゃ久しぶりです。

 

最近なかなか時間が無く、朝書く時間が無かったです・・・

 

以前もお話ししましたが、朝出勤前に病院に行かなきゃいけなかったり
車のことを調べたり、会社の人不足で急きょ朝一番の出社になったり・・・

 

 

まあ言い訳ですけどね笑

 

アドラー心理学的に言うと、
朝書く時間がないという事象に対して、時間がないという理由を
僕が作り出しているのです。

 

人間誰しも、自分は正しいと、正当化したい生き物です。

 

自分の行いは間違っていないと。

 

そのため、僕も無意識のうちに、この心理が働いているんだと思います。

 

朝出勤前に病院に行く必要があったという理由を作り出すことによって、
自分は悪くない、そう自己説得に入るのです。

 

 

この記事を書くのが遅くてもだいたい20分ぐらい。

 

てか久しぶりに記事を書くとだいぶタイピングが遅くなったのが
実感できます。

これはやばい。

 

記事を書くのに1時間も2時間もかかるわけでもないのです。

 

ただ単に僕が朝いつもより30分早く起きればいいということ。

 

そのためにはいつもより30分早く寝ればよかっただけです。

 

となると、人生で一番大切なときは寝る時間と環境なのかもしれません・・・

 

寝る時間が遅くなれば早く起きたとしてもかなり眠いはず。

 

体内時計が無理して起こしているからです。

 

自己啓発書では、朝の過ごし方で一日が決まる、なんて言われていますが
これは嘘です。

 

寝る前が次の一日を決める。

 

僕はこれだと思います。

 

僕が会社の社長だったら、とにかく1秒でも早く社員に帰って
早く寝させます。

 

社員同士の電話やラインも禁止にします。

 

気を遣って、寝る前に携帯を触ってしまうと画面のライトで
睡眠の質が落ちてしまうからです。

 

では!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 03.10

    ITを見た感想

  2. 2018 03.06

    女同士の戦い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。