どうも、こんにちは。

 

今日も机の上にあるタイマーを15分に設定してがんばって書いていこうと思います。

 

 

がんばっては書けるようになりたいくないですね。

 

がんばらなくても書けるようにしたいですね、はいw

 

 

で、まあ本題ですが、最近ブログ書いてて思った感想。

 

「おもしろくねええええええ」

 

 

シンプルにおもしろくない。

 

 

おもしろくない仕事をどれぐらいできるか?みたいに競うゲーム感覚でやる、みたいな手法もありっちゃありだと思います。

 

 

世の中おもしろくないことの方が多いですからね。

 

 

いかにおもしろくしていくかっていうスキルは必要だと思います。

 

 

思いますが、ブログ記事を書くのはそれとはまた違う感覚です。

 

特に最近の自分のブログを書いているときの感覚は。

 

 

最近は、睡眠に関する記事を書こうって思って、睡眠の質を上げる方法とか、夏、冬のエアコンの温度設定とかの記事を書いていました。

 

 

まあパッとみそれ自体は別に悪くは無いんでしょうけどね。

 

 

困っている人から見たら助かりそうですし。

 

 

でもやっぱり書いてて思うのは、これ自分じゃなくても書けるやん?っていう感覚。

 

僕じゃなくても知識がある人だったら誰でも説明できる内容。

 

 

本の内容をそのままその辺の中学生とかが要約してくれれば伝わることです。

 

 

多分ですけど、それがつまらないと思う原因。

 

 

僕が書いた記事をつまらないって思うってことは、エネルギーとか情熱が文章に反映されていないっていう証拠でもあると思うんです。

 

実際、今書いているこの記事の方がタイピングが進む進むw

 

 

だからその記事を読む読者さんはもっとつまらないんだろうなあって思ってしまいます。

 

 

ブログ記事ってどうしても役に立つことを書こうって意識になりがちです。

 

 

今日はスタバの新作食べました☆とか日記的内容を書くよりは、タメになることを書いた方が読まれそうな気がしますよね。

 

 

でも本質というか一番大事なのって、なにかしらエネルギーを読んだ人に与えることだと思います。(今の僕の状況だと)

 

 

役に立つのがダメなんじゃなくて、もちろんそういう視点も大事だけど、読んでておもしろかったり勇気づけられたり、何かのきっかけになってくれるのが良い記事だったりするわけです。

 

 

最近の僕はずっとノウハウ系の、タメになる記事とか誰かの悩みを解決するだけの記事を書いていましたし、そういう意識が強かったので反省したいなと。

 

 

もっと大きい枠で、常に何のためにやっているか、何をしなきゃいけないのか?っていうストイック的発想かつ、楽しく読んでもらえればええやんwっていう楽観的要素をうまく入れ込んだプリウスのようなハイブリット記事を目指したいところですねw

 

 

さて、残り40秒ですが、15分で殴り書きというか率直な感想を書きましたが1000文字超えました。

 

 

まとまりがない内容ですが今回は以上です!笑