冬の寝具で最適なものは?

こんにちは。

 

今回は冬の寝具について解説していきたいと思います。

 

「寝具ってどうでもいいやろ!!」

 

って思う人の方が圧倒的に多いと思います。

 

実際僕も去年とかまではそっちの方の考え方でした.

 

 

冬とかとにかく暖かくしてればまあ寝れるし大丈夫っしょ!っていう考え方でした。

 

でもそれは圧倒的勘違いってことに気づかされましたw

 

 

冬の気温が低い時期が思った以上に寝具が重要ってことを認識しました。

 

 

っていうわけで今回は冬に使う寝具や考え方について伝えたいと思います。

 

布団は羽毛布団

はい、まず布団は羽毛布団がおすすめです。

 

ポイントは軽くて暖かいものを選ぶことです。

 

そもそも軽くて暖かいから羽毛布団なんですけどね。

 

 

間違っても分厚い毛布とかは避けた方がいいです。

 

一見、生地が厚いし暖かそうに見えますが重いのであまり睡眠に対して良くないです。

 

 

というのも、人は睡眠中無意識のうちに寝返りをうっています。

 

寝返りをすることによって、血流を良くしています。

 

寝るときにずっと同じポーズとか体制だと、血の循環が悪くなります。

 

 

だから基本的に睡眠というのは、寝返りを打てる寝具を選ぶのがマストです。

 

 

そういった理由で、寝返りをうちにくい重たい掛布団をかけてしまうのはNGです。

 

 

軽い羽毛布団なら簡単に寝返りを打つことができるので、質の良い睡眠に近づけることができます。

 

 

僕はこの辺のこと何も知らず、子供の頃からずーっと同じどっしりとした分厚い掛布団を使い続けてきました。

 

柄は花柄?よく分からんけどザ・実家の布団みたいなやつですww

 

 

で、軽くて暖かい掛布団にしたら全然違いました。

 

 

まず大きく変わったのは、途中で目が覚めなくなったことです。

 

 

分厚い掛布団を使っていたときは夜中に何度が目が覚めることがありました。

 

 

きっと寝返りを打てなかったり、あるいは湿気が溜まっていたのが原因だと思います。

 

 

あ、ちなみに冬でも夏と同じく、湿気を意識した方がいいです。

 

 

冬のいくら気温が低い日でも、寝ていると布団の中とか湿度が上がります。

 

 

湿度を逃げして上げれるような寝具を選ぶのもポイントです。

 

 

 

パジャマは真剣に選ぶ!

 

はい、次はこれです。パジャマです。

 

寝るときに着る服はかなり重要です。

 

結論からいうと、通気性がよく、生地が薄すぎず厚すぎないものがベストです。

 

 

いくら寒いからといってスウェットみたいに分厚いものだと体温上がりすぎて睡眠の質が悪くなるときもあります。

 

僕は中学生のときからずっと冬は暖かそうなスウェットを好んで着ていました。

 

これでいいっかみたいな笑

 

 

でもスウェットはあまり好ましくないということを知ってから、冬でも通気性がよく湿気を程よく逃がせるものを着ています。

 

 

おすすめは綿100%のパジャマです。

 

 

綿は通気性に優れているので、ほどよく湿気を逃がしてくれます。

 

 

冬でも湿気はベッドの中や衣類の中に溜まります。

 

溜まり続けると途中で目が覚めてしまったりして、ぐっすり寝られなくなります。

 

寝具を変えただけで睡眠の質が上がった!

 

 

はい、ということで僕の場合寝具を変えただけで途中で起きる回数も減り、格段に睡眠の質が向上しました。

 

変えたことは主に2つ。

 

布団をずっしりとした実家にあるような掛布団から羽毛布団に。

 

あとはパジャマをスウェットや中学の時のジャージ笑から、綿100%のものへ。

 

 

綿100%であれば無印良品がおすすめですね。

 

あとサイズ感はジャストよりリラックスして寝れるよう、少しだけゆとりがあるサイズ感がおすすめです。

 

締めつけられているより、開放感がある衣類の方が寝やすいですからね~

 

 

是非参考にしてみてください。