昨日よりも成長してるか?もっと出来たんじゃないのか?もっとやれるやろ俺。

こんにちは、フリスクです。

最初に言っておきますが今回の記事は価値提供も糞もありません。

最近ある方のブログを読んでめちゃくちゃ心が動いたので備忘録というか、今の自分について書き殴っていきます。

その人は僕よりもかなりお金を稼いでいてはるかに先のステージにいる。

でも、「自分はまだまだ。もっと上を目指す」と言っていた。

僕と同じように、昔は自己肯定感低くて田舎出身で東京に出てきて…っていう背景が似てたから余計に響いた。

なんかうまくいえないけど、もっと俺やらなきゃと思った。もっともっとやれよと。

昨日よりも成長したか?もっと出来たんじゃないのか?

まったく稼げなかった初心者のときは必死だった。

早起きして眠い目こすりながらブログ書いてたし通勤の車の中でもインプットしまくってた。

UVERworld聞くの我慢して買った教材を何回も何回も聞きまくった。

頭が悪くて要領もよくないから量しか自分にはなかった。だから風呂の中でも寝る前のベッドの横でもスマホ置いて音声中に入れて聞きまくった。

失敗したくなかったけどやるしかなかった。失敗よりもこのまま何も変化しないこと、挑戦せずに逃げること、何も頑張らないまま年だけとる事とかの方が嫌だった。だから効率とか関係なかった。がむしゃらだった。当然遠回りな事しまくったし失敗もしまくった。

そのおかげで成果出せた。憧れだった東京にも引っ越しできた。

でも今はそこまでがむしゃらじゃない。結果出せたからどこか安心しきっていた。

その人のブログみたらなんか背筋がピシッと伸びた感じがした。だし、そういう意味でいうと昔の方が成長してたと思う。

まじでもっとやらないかん。

睡眠時間削ってやるとか、1秒も休まずにやるとか、そういうストイックにやるとかそんな感じではなくて、ベクトルとしてもっと上を目指さないかんなと。

今年30歳だけど、60歳までちょうど折り返し地点。

別に最低限の事だけやっててもネットビジネスで飯は食っていける。肌感覚を掴んだから。

だからのらりくらりのんびり暮らしていく選択肢はあるっちゃある。でも

でもさ、その選択をしたら後悔する気がするんだよね。

何回も言うけど別に上を目指さなくてもいい。生き方は人それぞれだから。

ただ自分がじじいになったときに、人生の終わりになったときに後悔だけは絶対にしたくない。

もっと若い時にやればよかった、挑戦すればよかったって。

それだけは絶対に絶対に避けたい。

どんだけ嘆いても悲しんでも60歳、70歳になったら若い時には戻れない。

自分の限界を決めて現状維持を選んだ60歳の景色と、常に上を目指してやれる事をやった60歳の景色。

後者のほうが見える世界、視点が圧倒的に違うはず。

その視点を手に入れられずにただ年を取るのはつまらなさ過ぎる。生きてない。死んでるのと一緒。

かっこつけたような事言ってるけど不安がないかと言われたら嘘になる。

でもやるしかない。後悔したくないから。後からもっとやればよかったって思いたくないから。

なんで僕がこんな後悔に対して執着持っているか

なんでこんな後悔したくないかって聞かれたら、自分に自信が無かったから。高校時代の話。

高校生の時サッカー部だった。でも3年間ずっとベンチ。下手くそだった。

僕は下手だったからBチームで、たまにAチームと混ざって練習試合をするときに僕がいるとがっかりされた。

フリスクかよって。その呆れられたというか期待されてない顔、態度が死ぬほど嫌だった。

あー、自分は役に立たない人間なんだ、必要とされない人間なんだって。そこから自分に自信が無くなった。

自分に自信ないから、「練習しても無駄じゃん。だって俺は何やっても出来ない側の人間だから」と思ってた。ひねくれてた。

だからちゃんと練習していなかった。練習をただ思考停止でこなすだけ。そんなんだから上達するわけもない。

あの時もし、サッカーをちゃんと練習していたら上手くなって自信が持てたかもしれない。みんなに必要とされてたかもしれない。求められたかもしれない。

だから、「もっと練習すればよかった」って後悔してる。逃げずに自分を信じてやれよって思ってる。

そんな高校時代の経験があるから、ビジネスも人生も仕事もなんでも後悔したくないって感じるようになった。

ビジネスで結果出ようが出まいが、僕はどっちでもいいと思ってる。

大事なのは過程。もちろん結果を出すために取り組むべきなんだけど、もっと大切にしてほしいのは、「その選択をして後悔しないか」っていう。

死ぬ前に後悔したくないからやれることはやる。

失敗すること、恥をかくこと、うまくいかない事よりも、もっとやればよかったって嘆くことだけはしたくない。

だから、もっとやれよ俺。

やれるだろ。限界を決めるな。限界なんて無いって捉えろ。そんな概念なんてない。

くだらないプライドも捨てろ。綺麗事ばっかり言うな。今の基準にあわせるな。

 

今の自分に喝をいれる意味も込めて一気に書きました。コピーライティングの技術とか改行とか無視です。

それでは。

特典受け取りましたか?

昨日、年収1億円超えの伊藤さんとの対談まとめを公開しました。

最後に企画特典の音声を希望する方に渡してます。

▼第2弾の対談まとめはこちら
【第2弾】年商1億円「0からのビジネス構築のプロ」との対談(全編)