こんにちは、フリスクです。

・お客さんからお金を取って教えられるか不安
・高単価(5万、20万)の商品が販売できるか疑問

っていう質問があったので音声動画を作成しました。

この感覚押さえれば、数十万円の高額商品が提供できることは論理的に解決します。

めちゃめちゃ大事なので何回もインプットして頂きたいです。

読者の方の感想

 

数万円以上の商品が自分なんかに売れるのか?

では本題に入ります。

(↓再生ボタンをクリックして視聴する)

【内容】

・ターゲットのド真ん中の人を集める意識

1万フォロワーも要らない。薄利多売は逆に難しい。
それよりも少人数に人生変えるような手厚い価値提供をするべき。

例:5人に20万の商品を提供する方が難易度は低いし感謝される。
→ビジネスも含めて人生、ライフスタイル、思考など全てを引き上げるイメージ

・情報だけで価値提供しようとしてはいけない

情報で勝負しているわけではないから本屋さんと比較したらダメ。
情報自体に価値は無くなっている。

情報は無料で見れる時代。有料級の情報でも他の人がアウトプットするから広まる。
(例)Youtubeで本の要約

・場や環境を売る

ライザップ、学習塾は、特別な情報や誰も知らない貴重な知識をお客さんに伝えているわけではない。

筋トレやダイエットの情報なんて本やネットに腐るほど落ちている。
→でも結果が出ない人がいるという事実。(ネットビジネスでも同じ)

例:ライザップだったら、マンツーマンで教わる事でモチベーションを買っている
例:学習塾だったら環境を買っている

・個人の情報発信ビジネスであれば、「あなただから買いたい」を目指す。

→松本人志でもなくイケハヤでもなくイチローでもなくあなたから教わりたい。

→誰にも嫌われない発信からは強烈なファンは生まれない

→100人に1人をターゲットにしようの本当の理由

・機能的価値(知識、ノウハウ、情報)よりも感情的価値の方が重要視されてきている。

→何を言うかより誰が言うか?

なぜユニクロのスニーカーよりもナイキのスニーカーを選ぶのか?
なぜプリウスやアクアよりもBMW,ベンツを選ぶのか?
多くの人がアンドロイドよりもiPhoneを選ぶのは?

<感情的価値も絶対に必要>
→寄り添い、励まし、勇気づけ、共感など、ノウハウだけでなくてカウンセラーのように
その人を支えるのも立派な価値提供

(例)家庭教師をしている大学生は知識があるから喜ばれる?

・発信力(ターゲット1人に対しての)を磨き、自分のコンセプト(世界観)を磨き続けていく。

①コンテンツを出す、アウトプットする、発信する
②見込み客から反応をもらう(直接通話で感想など)
③改善し繰り返す

<まとめ>
・ターゲットを明確にし、その人だけに届けるイメージ
・機能的価値(有益な情報)だけで絶対に勝負しない
・自分のコンセプトに共感する人を集めて価値を高める

【期間限定】無料通話相談を受付中!

僕がコンテンツを作る上でいろんな方の悩みを把握したいと思っています。
そこで、期間限定で無料通話相談を受け付けます。

詳細は以下のページからどうぞ。
↓↓↓
>>詳細はコチラ<<