コピーライティングも大事だけどそれは人を動かしている

 

こんにちは。

 

今回はコピーライティングについて書いていきたいと思います。

 

コピーライティングっていうのはいわゆる文章で購買意欲高めて行動してもらう技術ですよね。

 

 

まあざっくりいうと、どんどん文章を読み進めてもらうためのスキルになります。

 

 

それが一般的な「コピーライティング」の技術であって定義なんですが、僕が今回言いたいのは、人を動かすのは違うんじゃないのか?ってことです。

 

 

というのも、購買意欲を高めるっていうのは、読んでくれた人をどんどん行動してもらうことってことですよね。

 

 

っていうことは、コピーライティングは人を動かすスキルっていっても間違いではないです。

 

 

でも一番理想なのは、それで人を「集める」のではなくて、自分の想いやこだわり、信念などで「集まる」方な気がします。

 

 

「集める」っていうのは、人間の欲望を掻き立てるような内容が定番ですね。

 

・3ヶ月で100万稼げます!

・一瞬でモテて女とやりまくれます!

 

とかとか。

 

これは人間心理を把握していて、人の欲にダイレクトに響くような書き方をするからこそ「集める」ことができます。

 

 

一昔前のネットビジネス業界はこういうコピーがわんさかでしたね(笑)

 

 

一方、「集まる」っていうのは、わかりやすくいうと選挙ですね。

 

選挙に立候補する人って何かしら想いがあるはずです。

 

・街を変えていきたい

・昔こういう経験があったけど嫌な思いしたから変えたい

 

 

その人の価値観や生き方全て含んだ上で市民の人に呼び掛けますよね。

 

ワゴン車に乗ったりスピーカーで話したり。

 

 

こっちのパターンは市民の人の欲とか別に全く掻き立ててないですよね。

 

私が当選したらお金入ります!とかモテます!とか全く言いませんよねw

 

 

「集まる」っていうのはその人のコンセプトや価値観、信念に共感するからこそ「集まる」のであって、欲望を刺激されて「集める」やり方はよろしくないです。

 

 

なんでかっていうと、欲望を解消できるような集め方で集めた人は、コンセプトや理念とか全く関係なく集まっているので、人の質が悪くなります。

 

 

だからコピーライティングを勉強するのも当然なのですが、一番の理想は信念や生き方に共感してくれた人を一緒にビジネスをやっていくのがいいかと思います。

 

 

相変わらずまとまりがないですが今回は以上です!

【特典付き】無料LINEコミュニティ始動

 

僕は現在28歳の派遣社員で、自分の世界を広げるため、全時間の9割を「遊び化」するためにビジネスを始めました。

ですが元々頭が悪く、大学も偏差値37のバカ大学出身。

働き方、生き方で頭を悩ませて今はだっさい黄緑色の作業着きて工場で働く派遣社員の負け組。

最初は実績も特別なスキルも0でなにから始めたらいいか分からない状態でした。

そんな僕ですが、情報発信やビジネスの全体像と正しいマーケティングを実践したところ、小さな実績を作ることができました。

詳しくはこちら↓
⇒無料コミュニティ始動します