情報発信ビジネスでマネタイズする方法!収益化までのゴールを解説!

こんにちは。

今回は、情報発信ビジネスでマネタイズする方法や種類について解説していきます。

今回の内容は

「情報発信やってるけど、どうやって収益化したらいいか分からん!」

っていう方や

「マネタイズする方法知らんからイメージできない!」っていう方に向いています。

マネタイズの重要性

基本的に個人がインターネットを使うビジネスは、集客して売るっていうシンプルな構造が多いです。

今回はこの、売るっていう所に関して、

「何を売っているのか?」

「どうやってマネタイズしていくのか」

に特化した内容となってます。

近年個人でお金を稼ぎたいという意欲ある方が増えてますよね。

特に、ツイッターやブログを使って収益化していきたい!って人が多いです。

ただ、個人で稼ぐことを考えたとき、マネタイズの種類や月収100万、200万の人がどうやって収益化しているか、そのルートをまず知ることの方が大事です。

これを知らずに情報発信に取り組むってことはゴールを知らずに走るようなもの。

行動は大事ってよく言いますが、目的地が分からずドライブしてもどこ目指していいかわかんないですよね。

遠回りや無駄なことをして時間をロスしないためにも、個人がビジネスをしていくことを考えたときにまずマネタイズの種類を知るべきです。

情報発信ビジネスの収益化(具体例)

ここでは情報発信ビジネスの収益化について解説していきます。

こんなの知ってるわ!って人いたら飛ばしてもらって大丈夫です。

情報発信ビジネスとは、その名の通り情報を発信することなんですが、それについてはこちらの記事で詳しく解説してます。
↓ ↓ ↓
情報発信ビジネスって何?超分かりやすく解説します!

まあ情報発信ビジネスをざっくり分かりやすくいうと、ツイッターやブログ、ユーチューブなどの媒体を使って収益化していくビジネスモデルになります。

身近な例でいうと、ツイッターでフォロワーを集めて有料noteを販売するのも情報発信ビジネスです。

例えば、恋愛で困っている人を集めて

・マッチングアプリの活用法をまとめた有料note
・モテるマインドを作るセミナー
・彼女を最短で作るコンテンツ

などを販売していくことで収益化を狙っていくことができます。

ジャンルはめちゃくちゃいっぱいあります。

恋愛の他にも

・成長系(語学、資格)

・ビジネス(転売、副業)

・投資(FX、仮想通貨)

・健康系(筋トレ、睡眠、食事)

・美容系(化粧、ネイル)

などなど色んなジャンルがあります。

ここでは具体的に、販売する商品やサービスの種類を説明していこうと思います。

あ、ちなみに今回は投資や転売、MLMは除きます。

あくまで今回は”情報発信ビジネス”のマネタイズについて解説していくので。

こんかいは大きく4つにわけて解説したいと思います。

1.コンサルティングサービス

まず一つ目がコンサルティングです。

ざっくりいうと、直接一対一で何かを教えるサービスのことです。

家庭教師みたいにその人に徹底的に寄り添って教えるみたいなイメージと思ってもらえれば。

1対多数のようなセミナー形式ではなく、生徒に対して時間を割いて教えるっていうのがコンサルティングになります。

手段としては、LINEやスカイプなどが主流ですね。

日時を決めて定期的に電話するスタイルでもいいですし、通話はせずにメールのやり取りだけっていうパターンもあります。

ちなみに、「コーチング」もここに属されるかと。

コーチングっていうのは、相手のモチベーションを上げたり主体性をもちながら導くもので専門的な知識は基本的に教えません。

なのでコンサルティングとは少し違うものです。

ネットビジネス業界ではコンサルティングをしている人多いですよね。

基本的にその分野で実績があればあるほど説得力が増すので報酬をたくさんもらいやすくなります。

実力も経験もある人だと、1年間で200万、半年間で100万とかが相場ですね。(人によりますが)

なんでこんなに高額なの?って思うかもしれません。

確かにコンサルって高いですよね。

でもそれは、相手の時間を使わせてもらうからです。

何かの分野で結果を出したり実績を出している人は、時間の価値が高くなります。

特に年収2000万とか月収100万の人は時給換算すると1時間あたりの価値はぐっと上がります。

コンサルは、その人の時間を使わせてもらうのでサービスの料金を高く設定できるわけです。

ざっくりまとめるとコンサルとかコーチングとかは時間を使って相手にマンツーマンでガッツリ教える・伝えるサービスです。

2、アフィリエイト商品

アフィリエイトはブログに貼って広告で稼いで・・っていうイメージが大きいと思います。

ただ間違ってはいないですが、もっと本質的というか広い意味でいうと
「自分以外の商品・サービスを紹介する」っていう感覚です。

どういうこと?って思うかもしれませんが大きくわけて
2種類に分けて説明しますね。

アフィリエイトの2種類

①成果報酬型広告
②他人の商品・コンテンツ・サービス

この2種類です。

ではそれぞれ解説していきます。

①成果型報酬型広告

広告でお金を得るのがここに当てはまります。

ブロガーさんが収益得ているパターンとしてはこれが多いですね。

広告として、

・楽天アフィリエイト、アマゾンアソシエイト、グーグルアドセンス

が王道ですね。

ブログで記事書いてその記事に広告貼るっていう。

すごくメジャーな手法です。

②他人の商品・コンテンツ・サービス

はいこれは簡単にいうと、他の人の物を代わりに売ってあげてお金を得ていくというやり方です。

これは集客代行っていわれていたりします。

例えば、Aさんが1000円の本を持っているとします。

でもAさんはツイッターもブログもやっていなくてお客さんがいない状況。

そこであなたが、「私がAさんの本を代わりに売ります!その代わり売れたら何%か頂戴ね」

っていう感じの流れです。

代わりに売るから売り上げを分けてねっていうやり方です。

これは本みたいな有形のものでもいいですし、コンサルとかのサービスでもありです。

「売りたいものはあるけど、お客さんがいない!」っていう人と一緒に組むことでお金を得ていくっていうスタイル。

ネットビジネスの業界の人でも意外とこのスタイル知らない人多いんですよね。

なんかみんな、集客も販売も全部自分で1人でやらないといけない!みたいな風潮ですが全然そんなことないです。

まとめると、本質的には「代わりに売る」ってことですね。

これを理解すれば、自分が売る商品とかサービス持っていなくてもお金を得ることができます。

むしろこれだけで月収200万とか稼いでいる知り合いいますw

人と会うのが好きでリアルのセミナーであった人にアフィリエイトのリンクだけスマホにコピーしておくみたいなw

でも戦略的に全然ありですよね。

オリジナル商品・コンテンツ・サービス

これは自分で商品を作って販売していくっていうもの。

note、情報商材、オンライン教材とかがこれに当てはまります。

自分で生み出したコンテンツを販売することで売り上げにする方法です。

ゆくゆくは、自分でオリジナルのコンテンツを作って売った方が利益率は高くなります。

ただ、最初の方なんて商品なんて持ってない人の方が多いと思います。

「自分に作れる商品とかサービスなんて無い!」

「どうやって作ればいいか分からない。」

っていう人が大半。

でも何も売れる人が無いって人はこんな感じで商品を作るといいです。

1、お客さんを集める

2、集まったお客さんに今の悩み、困っている事を聞く

3、それを解決する商品を作る

こんな感じですね。

最初に商品作る方法もありっちゃありなんですがオススメしません。

なんでかっていうと、作った商品が全然需要にあってないかもしれないからです。

でも上記の方法なら、お客さんに欲しいと思ってもらう商品を作ることができます。

だってお客さんから直接ヒアリングしていますからね。

悩みを直接聞けるのでより価値提供できる。

こういう流れですね。

こういうのを専門用語はマーケット・インって言われてたりします。

反対に「プロダクト・アウト」って言ってこちら側が作りたい商品を作ってから世に出す方法もあります。

マーケットインの考えでも自分には商品作れない!っていう場合は紹介して稼ぐのも一つの方法ですね。

つまりアフィリエイトです。

誰かの商品を自分が代わりに売って、売り上げを折半するとかですね。

具体的に言うと、集客を自分がするけど、売るのは自分が用意したものではなく他の人の商品・サービスを紹介するっていう考え方。

全部自分でやる必要は全然なくて、集客さえできれば稼げるっていうのはこういうロジックです。

逆に、自分のコンテンツには自信あるけどお客さん集まらないし集め方がわからない・・って人は集客できる人と組んでもいいかもしれないですね。

4、コミュニティ参加権

コミュニティっていうのは、人が集まる場ですね。

言い換えるとグループ。

有名所だと、オンラインサロンですね。

堀江さんとかファッションMBさんとか。

もちろんこれもコミュニティになります。

最近、コミュニティビジネスをメインに展開する人が増えてきます。

考えられる要因の一つとして、情報や教材自体の価値が低下してきた背景があります。

今ググったら大体の情報は調べることができますし、本の内容は誰かが要約してくれていたりします。

情報自体に価値が無くなってきたんですね。

なので、ネットビジネス業界ではコミュニティみたいな体験価値を重視する流れにきています。

そのような背景もあり、オンラインサロンが目立っているわけです。

コミュニティビジネスの良い所は、ディズニーランドみたいに何度でもお金を払ってもらえるという所です。

ディズニーランドとかのテーマパークって、入場料払った後、グッズとか飲食店とかいろんなところにお金を落としてもらう仕掛けがありますよね。

ちょっと嫌な言い方ですけどw

ユニバーサルもそんな感じです。

一度入った後、ジュラシックパークのエリアに行ったら終わり!ではなく次はスパイダーマンのエリアとか、ハリーポッターのエリアとかいろんな場所にお客さんを連れて行くことができますよね。

これがコミュニティビジネスの良い所です。

何か商品を売ったら終わり!ではなく、コミュニティに所属していればいろんな所に案内できます。(課金してもらえる。)

オンラインサロンとかもそうですね。

今日はみんなで勉強会やろうっていって、自分も一緒に学んだりもできるしバーベキューやろうと言って勉強とかビジネス関係ないこともできちゃいますね。

売上はどうやって上がる?

ビジネスで結果を出す!という目標を掲げた場合、売り上げはそもそもどういう内訳で上がるのか?を理解しておく必要がありますね。

これをしっかり頭の中にいれておかないとやみくもに作業することになってしまうので、「稼ぐ」のが目的ならここはまず押さえておく必要があるかと。

と同時に!

意外とこれを意識していない人がほんとうに多い・・・。

じゃあもう結論からいうと、売り上げはこうやって決まります。

<売上 = 見込み客 × 成約率 × 単価>

非常にシンプル。

ビジネスは、お客さんを集めて商品を売るっていうシンプルな流れです。

結果を出している人は、今自分が行っている作業がこの式のどこに当てはまるのかをしっかり意識して日々作業しています。

逆にこの式を全く意識していないと、的外れなことをする可能性は非常に高いです。

もう一度書きますね。これがビジネスの基本ですし全てですから。

<売上 = 見込み客 × 成約率 × 単価>

例えば見込み客が10人いて、成約率が3割で、商品の単価が5000円だったら、

10人 × 30% × ¥5000 = 15000円の売り上げになります。

売上を上げるにはそれぞれの数字を上げていけばOKですね。

実績も無く何も売ったことない人だと、成約率とか分からないですよね。

なのでこればっかりはやってみるしかないです。

やってみて例えば、商品単価も低くないし集客もできているの売り上げは低い、ならコピーライティングを勉強して成約率を上げていく必要がありますし。

まあそんな感じでビジネス初心者さんほどこの式を意識していけば早く結果は出やすいのではないかと!

ただし、グーグルアドセンスの場合、売り上げを上げるには集客の数字を上げていくしかないですね。

ブログに貼って収益を狙っていくアドセンスは商品(広告)が決められているので。

グーグルアドセンスの成約率(クリック率)は良くて2~3%ほどです。

で単価は広告のジャンルにもよりますが平均で35円、良いと40円ほど。

さっきの式に当てはめると客数を変えるしかないですよね。

売上  =  客数  ×  3%  × 40円

月収10万稼ごうと思うと何万人の人を集める必要がありますね。

まあでも逆にいうと、アクセス(お客さん)を集めるだけで稼げるっていうのが強みですけどね!

ってことで情報発信で売り上げを上げるまでの流れをざっくりとまとめるとこうです。

<STEP1>

お客さんを集める

・ツイッター
・ブログ
・youtube
・無料レポート

など。

<STEP2>

販売する

・note
・アフィリエイト(成果型報酬、アドセンスなど)
・コミュニティ運営
・オリジナルコンテンツ(自作の商品)

っていう二つのステップに分かれます。

かなり情報発信ビジネスの全体像が理解頂けたのではないでしょうか?

収益化に必要なこと以外やらなくていい!

いかがでしたでしょうか。

「いかがも何も、こんなの全部知ってたよ!!!」

って読んでくださった方が思えるくらい、浸透してほしいマネタイズの本質をざっくりですがネット業界を主な例にして解説しました。

でもこれを知っていればゴールから逆算できるはずです。

もちろん具体的な手法、テクニックは今後それぞれ行っていく必要はあるんですが、「明らかに間違った方向性に行く」ってことは避けられるかと。

例えば僕の知り合いではないですがこういう人がいました。

「成功したいのでとりあえず本30冊読みまくりました」

「とりあえずフォロワー1万人増やしました」

とかとか。

確かに家でユーチューブ見たりテレビ見たりで何も行動しないよりは全然前に進んでる感じはします。

ですが「お金を稼ぐ」っていうゴールには直結してないですよね。

今自分が行っている作業は結果を出すことができるのか?を日々自問自答していく必要があります。

逆にいうと、ゴールに向かっている作業以外は全部やらなくていいことになりますね。

一番やっちゃダメな考え方

さて、ネットを使ったビジネスの収益化をする方法をいくつか紹介しました。

でもここでハマっちゃいけない落とし穴が存在しますw

どういうものかっていうと

「みんなこの方法やってるからこれじゃないといけないんだ」っていう考え方。

これが一番危険ですね。

みんなブログ使ってアフィリエイトやってるから、ブログ使わないといけないんだ、とか。

Yotubeが今熱いからやらないと、とか。

たしかに事実ではあるかもしれないけど、自分にあったやり方をしないと長続きしません。

ツイッターのフォロワー増やす方法とかもそう。

みんな企画系のツイードで相互フォローお願いし合ってるけどそれはそれで別に一つのやり方。

でも必ずしもそれをやる必要ない。

フォロワーを増やす手段の一つでしかないです。

そもそも集客さえできればいいのでツイッターすらやらなくてもいいかもしれないし。

大事なのが、まず根本・本質を知ること。

ビジネスやってる人なら耳タコですが、原理原則を忠実に守ることは基本中の基本ですね。

まとめ

今回は情報発信ビジネスでどうやって収益化していくのか?結果を出すまでにどういうマネタイズ法があるのか?について解説しました。

実際に始めていきたいけど何を発信したらいいか分からない!っていう方はこちらの記事が参考になります。
↓ ↓ ↓
情報発信で何を発信するべきか?独自の切り口や視点がマスト!

【特典付き】無料LINEコミュニティ始動

 

僕は現在28歳の派遣社員で、自分の世界を広げるため、全時間の9割を「遊び化」するためにビジネスを始めました。

ですが元々頭が悪く、大学も偏差値37のバカ大学出身。

働き方、生き方で頭を悩ませて今はだっさい黄緑色の作業着きて工場で働く派遣社員の負け組。

最初は実績も特別なスキルも0でなにから始めたらいいか分からない状態でした。

そんな僕ですが、情報発信やビジネスの全体像と正しいマーケティングを実践したところ、小さな実績を作ることができました。

詳しくはこちら↓
⇒無料コミュニティ始動します