フリスクです。

以前読者さんから頂いた質問をシェアして、それに回答していきますね。

【読者さんからの質問】

「ツイートしたりリプで絡んだりしてフォロワーは増えました。コンテンツ販売をしたりしたいのですが、全然先に進むイメージが湧きません。どうすればいいでしょうか?」

はい、という事で回答していこうと思いますが、めちゃめちゃ分かります笑

僕も最初情報発信ビジネスをやろうと思った時点で、実績も無いし教えられる事も無いし特に秀でた強みもありませんでした。

だから、「とりあえずフォロワー増やそう」と思っていいね押しまくったりリプで絡んだりして少しずつフォロワーは増えていきました。

確かその時は1000フォロワーぐらいですね。

「よっしゃ!とりあえず1000フォロワー増えたぞ!」

って喜んでました。

でも、「あれよく考えたら1000フォロワーになっただけで何も進んでないぞ」とふと冷静になりました。

フォロワー増えただけで実績も作れてないし商品も用意できる気配も無い。

その時確かとりあえず公式LINEを用意していました。でも公式LINEはまったく登録されない。

詰んでましたね。笑

「いやこれ先進まんやんけ!!」みたいな感じに。

なので先程頂いた質問(もう一度貼っておきます)

「ツイートしたりリプで絡んだりしてフォロワーは増えました。コンテンツ販売をしたりしたいのですが、全然先に進むイメージが湧きません。どうすればいいでしょうか?」

この悩みはめちゃくちゃ分かります。まさに僕もこの状態でした。

まずは1人と接点を持つべし

結論からいうと、僕がおすすめしているのはとにかく最初の見込み客の人1人でもいいから接点を持つ事です。

その1人に対して徹底的に教えたらいいんです。

僕なんて最初教えるっていうより、自分がTwitter運用をする上で

・意識している事
・試した事
・失敗した事

とかを共有していました。

ここめっちゃ大事なんですが、『教える』必要はなく情報を『共有する』っていうニュアンスで十分です。

「あれよかったよー!」「これミスだったわー」みたいな感じです。

友達に、

「あそこのセレクトショップで服買ったけどめっちゃよかったわ」

って伝えるみたいに、上から目線で教える必要はありません。

有益な事を伝える、共有する、っていう意識で最初は十分です。十分過ぎます。

僕も無料でいろんな人とLINE電話やZOOMで話したり質問にはめちゃくちゃ長文で答えていました。

そしたら「フリスクさんってコンサルやってないんですか?」「コンサル募集してますか?」

とかなりの方から逆オファーされるようになりました。

「自分なんかに役に立つ情報を伝えられるか不安…」って思うかもしれませんが、意外と相手は「なるほど〜」って喜んでくれます。

上でも書きましたが、失敗した事とか意識している事とか、Twitterは最近こういう傾向にありますよね〜みたいに、なんなら情報交換っていうスタンスでも最初は大丈夫です。

それを繰り返すうちに、

「あれ、俺意外と役に立つ事言えるじゃん」

「価値提供できるやん」

ってちょっとずつちょっとずつ自信が付いてきます。

しかも、そうやって見込み客との対話(喋ったりDMでやり取りしたり)を繰り返す事で、リサーチにもなるんです。

相手の方が、

・何に悩んでいるか
・どういう情報を欲しているか
・潜在的に望んでいる事は何か
・他にどういう人をウォッチしているか

等などいろーーーーんな事が見えてきます。分かってきます。

ライバルのTwitterやブログを読み漁るよりよっぽど濃くて深いリサーチができます。

そして、相手が何に悩んでいるか分かるから、それに答えるようなコンテンツを作ったらいいんです。

その人に渡してあげたらめちゃくちゃ喜んでくれます。だって自分の為にコンテンツわざわざ作ってくれたら嬉しくないですか?

…という感じで最初の1人と接点を持って通話したりメッセージ・チャットでやり取りをする事によって

○発信に自信が付く
○濃いリサーチが出来る
○反応が取れるコンテンツが作れる
○逆オファーされるチャンスが生まれる

とメリットだらけです。

逆にこういう事をせずに、ただなんとなくツイートしてフォロワーを増やしてもビジネスとして前に進みません。

まあなんとなく分かると思います。

目の前にお客さんがいないから教える経験も出来ないし、伝えられる事が無いからコンテンツも作れない。

コンテンツが作れないから実力が証明されず、認知されて終わり。

実力が証明できないから公式LINEやメルマガのURLを流しても信用されていないから誰も登録されない。

っていう事態になってしまいそうだなって思って僕はとにかく最初の1人に徹底的に教えたりしていました。