奪うマインドになったらビジネスはお終い

 

こんにちは。

 

今回は、ビジネスって奪うマインドになったらおしまいだよなーってつくづく感じます。

 

 

ビジネスを始めて結果が出ていない人って早く結果が欲しいわけですよね、当たり前ですが。

 

 

でも結果を出すことにフォーカスし過ぎてお客さんを無視してしまうっていうケースに陥るとリピーターさんが増えないのでビジネスとしてはかなり厳しくなってくるわけです。

 

 

お客さんを無視っていうのは具体的に言うと、

 

・自分の儲け優先

・お客さんの気持ちを考えてない

・自分のビジネスの拡大が中心

 

こんな感じの自己中プレイってことですね(笑)

 

ツイッターの投稿を見ても、基本的に2種類あって与えるマインドと奪うマインドの投稿です。

 

 

与えるマインドっていうのは、お客さんに見返りを求めずにギブをする精神。

 

フォロワーさんのためになると思ってすぐに情報を共有してくれるアカウントはやっぱりフォロワー多いです。

 

 

ギブの精神はビジネスの世界では嫌というほど聞いたことがありますが本当に大事。

 

 

一方、奪うマインドっていうのはどういうことかっていうと、自分都合の考え方ですね。

 

 

ツイートするのは、あくまで自分のフォロワーを増やしたいからとか。

 

自分のメルマガやラインに誘導したいからこういうツイートしようとか。

 

 

相手目線ではなく常に自分中心で、お客さんのエネルギーを奪うような考え方が奪うマインドって呼んでます。

 

 

基本的に奪うマインドの人は長続きしないですね。

 

だって自分のことしか考えていない経営者に社員もお客さんもついていきたいって思わないですよね。

 

 

少し前にお笑い芸人養成所である吉本の件でいろいろありましたよね。

 

 

吉本は社員を大事にしていないっていうふうに言い切ることは難しいかもしれませんが、日頃の負のエネルギーが溜まってあのようなことが起きたとも捉えることができますよね。

 

 

ビジネスでも同じことが言えます。

 

 

結果を出したい、アクセスを集めたい、フォロワーを集めたい。

 

こういうのは自分の欲であって相手には全く関係ないこと。

 

 

もちろんそういう気持ちがあることは自然だし完全になくすことは難しいかもしれない。

 

 

でもなかなか前に進まないときは、もしかしたら奪うマインドになってるかもしれない。

 

認めたくはないけど、結果を早く出す人って圧倒的に無料でどんどんギブしているし価値提供しています。

 

結果が遅い人は、ギブすることに躊躇して、

 

「これやっても稼げるのかなー」とか

 

「今このタイミングっておかしくない?」

 

って何かと理由つけてギブを避けようとするんですね。

 

 

はい、これ昔の僕ですが(笑)

 

すごく反省してます。

 

結果を出している人がなぜギブを大事にしているか今になってすごく分かります。

 

 

そんなことを思いながらブログ書いています。

 

 

学んだことをアウトプットすれば見てもらった人に喜んでもらえるし自分の知識も定着するので一石二鳥。

 

 

やるしかないですね!

 

 

では。