僕がどんな目的で何を発信するのか?

こんにちは、フリスクです。

今回は主に僕がどんな想いで何を発信していくか?っていうところを書いていきます。

もういきなり結論から書きますね。

~何を発信していくか~

金銭的にも精神的にも完全に独り立ちできるようにビジネスの肌感覚を身に着ける、というのを目的としています。

そのための第一歩として、まったくの初心者が0→1のフェーズを突破する具体的な道筋や方法論を主に発信していきます。

もっと具体的にいうと

・ネットを使った個人向けのマーケティング
・コンプレックスも強みに変えるコンセプト作り
・発信するジャンルと方向性決め
・少ないアクセスで高単価を初月から売る土俵づくり
・初心者用の商品の選び方や売り方

などなど細かいことを上げたらキリがありませんがこのあたりを掘り下げていきます。

まあ要は「まったく何も分からないし何をどういう手順で行っていけば分からない初心者に向けて0→1を突破するための実績をつくる」っていうのを第一目標として発信していきます。

なんで0→1に特化しているかっていうと、情報発信ビジネスって挫折する人がめっちゃ多いんです。

というか多いらしいんです。

僕は会社を2社経営しているメンターにビジネスを教わっているんですが常々こう言っています。

「情報発信ビジネスの全体像は教えればみんな頭では理解するんだよね。でもやり方が様々だからこそ迷子になってモチベーションが続かなくなるし、最初の0→1の段階まで来れる人が意外と少ないね。」

言われたとき確かにって思いました。

お客さん集めてメルマガとか始めて商品売っていけばいいんだなっていうのはわかるけど、具体的にじゃあ明日何をすればいいの?とかまず何を目的としてやっていけばいいか?ていう超実践的なところで迷う人が多いっていうのは僕自身感じます。

何を隠そう、僕が過去そんな感じだからでした。笑

Twitterやブログで月収100万のすごい人とかよく見ますが、そういう人たちって”ガチの初心者”には向いてない場合が多かったりします。

あれもやれ、これもやれっていうようにコンテンツや知識は多いんですが、逆に始めたばかりの人からしたら「もっともっと具体的なレベルで教えてほしい」っていう場合も少なくありません。

例えば分かりやすいようにブログでいうと、「1万PVを達成させるブログ運営法」よりも、「タイトルの決め方」や「記事の構成」とか最初の小さな段階を解決する方が前に進みやすかったりします。

だから月収何百万とか既に脱サラしてネットビジネスで生計立ててる人たちの発信より「まさに今のタイミングで小さな実績作った人」の方が、初心者と知識・実践レベルでの距離が近いので臨場感が違います。

臨場感が高いのでその分、初心者に寄り添った価値提供ができます。

そして情報発信ビジネスにおいてそういったスタート地点から0→1という狭い範囲に特化した発信をしている人って少ないです。

だからこそ、0→1の段階にめっちゃ近い僕だからこそ、そういう人たちに向けて価値提供できたらと思っています。

お金稼ぎ=仕事と捉えない

はい、ここからの話は僕の仕事観や働き方のスタンスについての話というかこだわりの話になります。

実は昔、僕はネットビジネスを辞めてしまった時期があるんですよね。

稼げなくなったとかではなく、結果が出たし続ければその金額は増えていくのは目に見えていました。

なのに辞めてしまいました。

インターネットビジネスを知ってから7、8年経ちますがそのとき様々なことに挑戦してきました。

試行錯誤しながらも

・ブログを使い月18万円の収益を達成させる
・Twitterで3万フォロワーのアカウントを育てて記事を外注化し月5万円の仕組みを作る

ということをやってきました。

ですがずっとモヤモヤしていました。

なんか満足していない自分がいたし、違和感が残っていました。

もちろん、収益を上げることができた瞬間はうれしかったです。

ネットビジネスやアフィリエイトに限らず副業の世界で多くの人が結果を出すことができない中、誰とも組んだりせず一人で売り上げを作り出すことができたからです。

「ネットビジネスは正しい道筋でやれば結果を出すことができる」

そう確信できました。

ですがその後モチベーションが上がらず作業の手が止まってしまう日が続き、そのままビジネスからフィードアウトしてしまいました。

いまだから原因はわかりますが、ビジネスを作業のようにしか捉えていなかったり、価値をきちんと提供している実感を得られていなかったというところが大きかったです。

例えばブログのときだったら記事を書けさえすれば誰も会わず、しゃべらず淡々とできてしまう仕事でした。

 

記事を書いて大量のアクセスさえ集めれば広告収入という形で稼ぐことができるからです。

「いや、自分ひとりだけでパソコンさえあればお金稼げるってことじゃん!なにが不満なの?」

って思われるかもしれません。

でも気軽に、って言ったら語弊があるかもしれませんが他のビジネスより圧倒的に難易度は低いものだったしだからこそ働くことについて考えさせられました。

そのときの僕は、”仕事はお金を稼ぐ行為だ”というふうにしか捉えていませんでした。完全にお金のためだけに、生活していくために仕事をしていくというスタンスでした。

「いやいや仕事って本来お金をもらうためにやるものだからそういうものでしょ?」

っていう反論があるかもしれません。たしかにその通りです。

なんで行きたくない会社に行って働くのかって給料がもらえるからです。

お金がもらえるからみんな仕事をするんです。何も間違っていません。でも僕は違和感だらけでした。

ブログで稼いだときも

「これが働くってこと?」

「こんな作業みたいなことをするのが仕事?」

とずっと悩んでいました。

そしてあるとき、作業みたいに淡々とこなす労働みたいな日々とおさらばできるビジネスに出会いました。それが情報発信ビジネスです。

すでにどこかで聞いたことあるかもしれませんがざっくり説明すると

・自分の好きなことや得意なことを活かして商品やサービスを提供して利益を上げる

っていうビジネスです。

情報発信ビジネスではほんとうにいろんな人が成果を出しています。

かつそういった人たちは昔の僕とは違い、生きることと働くことに区切りが無くやりがいをもって取り組んでいる人たちが多いという印象を受けました。

「これならいろんな人に感謝されてやりがいを持って仕事をすることができる!」

という感じで僕は情報発信ビジネスをスタートさせたのがきっかけです。

そしてまだ大きな金額を稼ぐことはできていませんが情報発信ビジネスを始めて

・Twitterで1000フォロワー達成(相互フォロー無し)
・17名コンサルティング
・11件リスト取り
・婚活イベント団体に集客のアドバイスを求められる
・独自コンテンツ7件販売
・クラウドソーシングで6件最高評価を頂く

というような実践を経て0→1のフェーズをまさに突破していこうとしている段階です。

まあ結局何が言いたいかっていうと、

仕事をただのお金稼ぎという狭い価値観で生きていた僕だからこそ情報発信ビジネスをただの労働として捉えてほしくないし、やりがいや貢献感を持って取り組んでほしいなあと思います。

仕事だからとか、脱サラして生活するためにビジネスを成功させる、っていうのではなく、仕事もビジネスも私生活も同じ線上にあるというか境界線を引かないイメージをもってもらえればお金を稼いだのに虚しくなったりはしないはずです。

精神的にも金銭的にも豊かになってビジネスを成功させるのは当たり前です。

ビジネススキルを磨けば、ごはん屋さんの集客を手伝ったりもできるし企業にマーケティングを教えることもできます。実際にネットビジネスをきっかけにそれでオフラインの世界に進出している人も多いです。

「ビジネススキルを活かしてもっとスケールの大きい仕事をしていこう」って言いたいわけではなくて、いろんな業種や業界の垣根を越えて様々な人を助けることができるんですよ、ってことが伝えたいんです。

だからビジネスを成功させればもっといろんな人に価値提供できて貢献することができるし、それによって自分では考えられないようなすごい人に会えるようになります。

「いま生きてる世界が、見えている景色がいかに狭かったか」

ちょっと大げさな表現かもしれませんがそう感じずにはいられない世界が待ってます。ビジネスで成果を出す、きちんと飯を食べれるようなスキルを身に着けるのはその為の第一歩でしかありません。

そんなふうに自分の見える世界を広げつつ貢献心を感じて生きていけばすんげえおもしろくなると確信しています。

話のスケールが大きくなってきましたが僕の読者さんには最終的にそんな生き方を体現できるように一緒に目指していけたらなと思います。

【特典付き】無料LINEコミュニティ始動

 

僕は現在28歳の派遣社員で、自分の世界を広げるため、全時間の9割を「遊び化」するためにビジネスを始めました。

ですが元々頭が悪く、大学も偏差値37のバカ大学出身。

働き方、生き方で頭を悩ませて今はだっさい黄緑色の作業着きて工場で働く派遣社員の負け組。

最初は実績も特別なスキルも0でなにから始めたらいいか分からない状態でした。

そんな僕ですが、情報発信やビジネスの全体像と正しいマーケティングを実践したところ、小さな実績を作ることができました。

詳しくはこちら↓
⇒無料コミュニティ始動します