有益な発信って結局なにさ??

こんにちは、フリスクです。

近年のツイッター業界をみていると、「とにかく有益な発信をしましょう!」っていうツイートが目立ちます。

もちろんこれは間違いではないです。

日記みたいに「今日はかき氷食べたけどまずかったー」っていうようなツイートしても知らんわwってなりますよね。

・タメになる発信

・役に立つ発信

が一般的に有益な発信です。

・・・が具体的に「じゃあそのタメになる発信ってなに?」「役に立つってどういうの?」っていうこのあたりを今回は深堀して解説していこうかなと思います。

ターゲットにとって役に立つ

まず大前提として、タメになる発信とか役に立つ発信って”ターゲットにとって”の部分が大事になってきます。

さらっと言いましたがめっちゃ大事です。

ターゲットにとって響く発信をして、初めて有益な発信になります。

ターゲットっていうのはあなたが決めたターゲットです。

・どういうお客さんを相手にビジネスをしていくか

っていうのがターゲットですが、ここがぶれていたら全然有益な発信になりません。

残念ながらひとりよがりの発信になっちゃいます。

情報発信ビジネスにおいては大衆に反応がいい発信はしなくておっけーです。

よく言われることですが、100人中1人にめっちゃ好かれて共感される発信が理想。

残り99人は「は?何言ってんのコイツ。」

ファンになる一人は「この人最高!一生ついていきます!」

っていう状態がいいですね。

その状態を作ることによって実績もない状態から差別化できるし高単価な商品も売ることができるようになります。

ちなみに僕は

「いま会社員で仕事がつまらなくて周りにいる人間もおもしろくなくて働き方に悩んでいる。
このまま会社員だと将来不安だし楽しくないからビジネススキルを磨いて独立したい。」

って人をターゲットにしてます。ざっくりですが。

 

僕だったらこういうターゲットにしている人が「タメになるわ~有益だわ~」って感じてくれそうな情報をツイートしたり発信してます。

具体的にいったら

・作業を効率的に進めるための休日の過ごし方

とか

・どういうビジネスモデルを作れば独立しやすいか

とかいま思いついたやつめっちゃ雑に書いてますがw

まあこんなような雰囲気です。

理想の未来に到達するまでが有益な発信

ちょっと違う角度から説明しますね。

人って誰しも潜在的に実現したい未来(理想の未来)があります。

筋トレに興味ある人だったら、筋トレしてダイエットしたいとかモテたいとか健康になりたいとか。

専門用語でいうと、ベネフィットっていうやつです。

でもそれって現状とギャップがあるわけです。

筋トレしてない自分っていうのが現状。

でダイエットしたい、モテたい、健康になりたいっていうのが理想の未来。

だから現状と理想の未来って離れてます。

でこっからすごい重要な話になりますが、有益な発信はこの現状から理想の未来まで行くのに必要なことや過程を発信すればいいんです。

 

↑図でいうと、黒の線の部分が現状から理想の未来に行くまでに必要なことだとすると、この部分を発信すればいいです。

他の例で言ってみますね。

”ちょーかわいい彼女を作りたい!”っていう人をターゲットにしたときには彼女を作りたいっていう理想の未来がありますね。

そしてそのターゲットの現状は”仕事が残業ばかりで忙しい日々で出会いすらない。コミュニケーションに自信が無いし土日は寝て終わり。”

っていう状態だとします。

この場合、彼女を作るっていう状態が理想の未来なのでここに到達するまでの過程を発信すればいいんです。

・時間が無い人のおすすめの女性の出会い方

・女性にウケのいいファッション、髪型

・仕事を定時で終わらせて時間を作る方法

・女性を自然にコミュニケーションを取るコツ

ざっと思いつくだけですが、いくらでもあると思います。

さっき上でもいいましたが、あくまで有益な発信っていうのはターゲットにとってです。

自分が決めたターゲットに届いて初めて有益な発信になります。

イメージつかめましたでしょうか?

有益な発信って?まとめ

ざっくりまとめますね。

有益な発信の大前提は、決めたターゲットに響くことです。

そしてターゲットが理想の未来に到達するまでに必要なことやその過程、アドバイスを発信していくのがベストです。

【特典付き】無料LINEコミュニティ始動

 

僕は現在28歳の派遣社員で、自分の世界を広げるため、全時間の9割を「遊び化」するためにビジネスを始めました。

ですが元々頭が悪く、大学も偏差値37のバカ大学出身。

働き方、生き方で頭を悩ませて今はだっさい黄緑色の作業着きて工場で働く派遣社員の負け組。

最初は実績も特別なスキルも0でなにから始めたらいいか分からない状態でした。

そんな僕ですが、情報発信やビジネスの全体像と正しいマーケティングを実践したところ、小さな実績を作ることができました。

詳しくはこちら↓
⇒無料コミュニティ始動します